矯正歯科について
成人矯正治療

健康な歯や歯肉であれば、何歳でも歯を動かすことができますが、 虫歯や歯周病は矯正する前に治療する必要があります。
但し、成人では小児と違って顎の成長なく、矯正力に対する骨や顎の関節の適応力が小さくなっていますので、
弱い矯正力で歯を動かす必要があり、小児に比べて治療期間が長くかかることがあります。
また、大きく顎を広げることができないので、小児の場合より歯を抜いて並べることが多くなります。

歯やお口の役割

歯やお口は、さまざまな役割を持っております。
消化器官の入り口 (体の器官のなかでも、目で見ることでき、自己管理によって良い状態に出来たり、保てる器官である。)
呼吸器官の役目
声を出す器官
お顔の表情に大きく関与

メリット

歯やお口には、上記のように生きることに関わる役割から、お顔の見た目や印象に関わる役割まで果たしています。
矯正歯科治療は長く使う大切な歯を、より良い状態にすることを目標にした治療です。
具体的なメリットは下記の通りです。

歯並びが良い→歯が磨きやすい。虫歯、歯周病になりにくく、口臭の予防になる。笑顔に自信が持てる。
美しい口元になる。発音がしやすい。


咬み合わせが良い→ご飯がしっかり咬めて、消化と吸収が向上し胃腸の健康が保てる。自分の歯が長持ちする。
よく咬むことで、唾液やホルモンの分泌を促進し、脳への血流を促進します。咬むことで顎の筋肉だけでなく、首の筋肉も使うので頭をしっかり支えて正しい姿勢をつくることにも効果があります。

矯正装置
①審美ブラケット

歯と同色の素材の装置で金属の装置に比べて目立ちにくくなっています。
銀色の針金を通して治療します。

 


審美ブラケット
②デーモンシステム

装置と針金を強く縛らないので、弱い矯正力で歯を動かすことができます。
通院回数が従来の装置に比べて少なくなります。
当院では成人の方にはこの装置をお勧めしております。

 

治療開始

治療開始
治療 6ヶ月後
治療 6ヶ月後

 

デーモンシステム
③インビザライン(マウスピース矯正)

患者さんひとりひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置です。
「マウスピース」を段階的に連続して使用することで、歯の移動を行います。患者さんは治療目標が達成されるまで、通常は2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら、一日20時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。 透明感があり、装着していても目立ちません。
摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。
矯正装置の装着による不快感が軽減されます。
歯を抜く症例では適用できないことがあります。

インビザライン1 インビザライン2 インビザライン3
治療開始
治療開始
治療開始
インビザライン1 インビザライン2 インビザライン3
治療 10ヶ月後
治療 10ヶ月後
治療 10ヶ月後

 

インビザライン(マウスピース矯正)
④裏側(舌側)装置

金属の装置を歯の裏側(舌側)につけて針金を通して治療します。
表側の装置に比べて、最初は違和感が大きく発音がしにくくなります。
難しい症例では適用できないことがあります。

裏側(舌側)装置
小児矯正治療(咬合育成)

小児の早い時期より矯正治療を開始し、顎の成長や歯の生え替わりを考慮して正しい歯並びや噛み合せにしていきます。
指しゃぶりや舌の突き出しなどの悪習癖を取り除いたり、上と下の顎を拡大や正しい位置に誘導する治療を行い、歯を抜かないで並ぶようにしていきます。

矯正治療は、二人三脚です! ご家族は応援団です!
実は、矯正治療は矯正医と患者さんが一緒に行う歯科治療なのです。
患者さんの症状に合わせて、ベストな矯正装置が選択され矯正治療を行っていきます。
矯正治療は患者さんの矯正装置の使用や歯磨きの協力が必要になります。
そして、お子様と矯正医が一緒にゴールを目指して、二人三脚で矯正治療を進めていきます。

お父様やお母様は、ご自分の人生経験で、歯・歯並び・噛み合せの重要性を感じている方が多くいらしゃると思います。
しかし、小さいお子様がその重要性を理解するのは難しいかもしれません。
お子様が、『なぜ、矯正治療が必要なのか?矯正で何を治すのか。』を理解することがとても大切です。
少しでもお子様に気づきを与えられるよう、ご家庭での話し合いも大切と思われます。

主に乳歯の受け口を治療する装置で寝る時に使用します。

ムーシールドは主に乳歯の受け口(反対咬合)に使用する装置です。
乳歯の受け口が自然に治癒するのは7%前後と言われています。
反対咬合は上顎の成長を阻害し、下顎の成長を促進すると考えられていますので、早期に治療を開始するメリットがあります。
ムーシールドは本人の協力があまり期待できない3~5歳頃より使用することができ、就寝時に少なくとも1年間は使用します。
上口唇圧を排除し、口唇圧のバランスを整え、低位舌を改善し、高位で機能させ、反対咬合を直していきます。
また、唾液を嚥下する時に口腔周囲の筋肉が働いて、下顎を正常な位置に戻そうとします。

 

治療開始
 
治療 5ヶ月後

装置料\21,600 観察料(毎回)\2,160

http://www.muhshield.info